渋谷区広尾の川上文代料理教室ブログ♪リンクフリーです。


by delice-dc

レシピ ケック・オ・フリュイ ★お菓子★

2009年9月 パティシエコースより

 <ケック・オ・フリュイ>
柔らかいバター   75g
グラニュー糖     50g
塩            ひとつまみ
卵            75g    *室温
アーモンドパウダー  25g   *ザルで越す
薄力粉 50g            *ベーキングパウダーと合わせてふるう
ベーキングパウダー 小さじ2/3
フルーツの洋酒漬け 75g
薄力粉          12g

<アンビバージュ>
シロップ          15cc
ブランデー        15cc

ナパージュ      
 アプリコットジャム  適量
 水            ジャムの半量から同量

飾り・・・ドライフルーツ(イチジク、プルーン、ドレンチェリー、アンゼリカなど)


<ケック・オ・フリュイ>
①室温で柔らかくしたバター、塩を泡立て器で混ぜる。砂糖を少しずつ加えて白っぽくなるまで混ぜる。
②溶きほぐした卵を1/3量加えて混ぜる。しっかり混ざったら残りの卵のうち、さらに半量ずつ加 えながら全て混ぜる。(バターが分離してきたら、ボウルの底を温めるか、ふるったアーモンドパウダーを適量加え、混ぜて落ち着かせてから卵を加える。)
③アーモンドパウダーを加えてさらにしっかり混ぜる。
④ふるった薄力粉とベーキングパウダーを一気にボウルに加えゴムベラでサックリ混ぜる。
⑤粉っぽさがなくなったら、薄力粉をまぶしたフルーツの洋酒漬けを加え、ツヤがでるまでまんべんなく混ぜる。
⑥パウンド型に7分目まで流し入れ、生地の表面をゴムベラで平らにする。
⑦両手で型を持ちながら高さ10cmほどからふきんに3~4回打ちつけ、余分な空気を抜く。
⑧天板に型ごとのせて170℃で15分薄い焼き目が付くまで焼く。
⑨一度取り出し、中央に深く縦の切れ目を、水で濡らした包丁で入れる。再び約30分焼く。
⑩焼きあがったら型から取り出し、紙を外しブランデー風味のシロップを染み込ませる。
 (持ち運べる箱で焼いた場合は、型から外さずにアンビベする。)
<仕上げ>
①ナパージュを作る。(アプリコットジャムと水を鍋に入れ中火にかける。ゴムベラで混ぜながら なめらかになるまで火を通す。とろみがついたら火から下ろす。)
②パウンドケーキが冷めたら、ハケでナパージュを上面に塗って照りを出す。
④ドライフルーツを飾る。


b0189057_1325294.jpg


今回はこのほかに
2種類の方法で作るケック・オ・ショコラ
ウィークエンド
ケック・オ・ジャンジャンブル(生姜と紫蘇の実のバターケーキ)を作りました♪
次回はモンブラン2種とメレンゲ菓子です!!

  ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
東京都渋谷区広尾の料理教室
『デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室』
教室HP

主宰 川上 文代による食と旅ブログ♪
川上文代の日々の食&旅日記
[PR]
by delice-dc | 2009-10-02 13:06 | レシピ お菓子